タラバガニと花咲ガニの違い

タラバガニと花咲ガニの違いについて以下にまとめました。

タラバガニ 花咲ガニ
タラバ 花咲ガニ

タラバガニ

花咲ガニ

甲幅

約25cm

約15cm

茹でる前の色

暗紫色

暗赤紫色

茹でた後の色

オレンジ色

濃い赤色

甲羅の形

5角形

逆ハート型

トゲ

短い

長い

両者を並べてみると大きさの違いで一目瞭然です。圧倒的にタラバガニの方が大きいです。甲羅も花咲ガニは逆ハート型になっていますし、トゲも花咲ガニのほうが長いので簡単に分かります。ただ、単体で見るとどちらが花咲ガニでタラバガニなのかは迷ってしまいますね。

 

タラバガニと花咲ガニ

 

違いが分かり辛い人の為にもう一枚!タラバガニと花咲ガニのツーショット写真です。明らかにタラバガニのほうが大きいでしょう?花咲ガニはトゲが刺々しいし、赤みが濃いですね

 

タラバガニ 花咲ガニ
タラバガニのお腹側 花咲ガニのお腹側

 

これがお腹側になります。花咲ガニのほうが赤みが強いのと、ふんどしが綺麗な三角形になっているのもタラバガニと見分けるポイントですね。

 

美味しい花咲ガニは「かにまみれ」で通販できます。味は人によりますが個人的にはタラバガニよりも濃厚だと感じますね。ただ、タラバガニと花咲ガニのどちらが美味しいかと聞かれると、やはりタラバガニのほうが慣れている分美味しいと感じます。花咲ガニは良い意味でも悪い意味でも「濃厚すぎる」感じがします。

 

4大蟹セット

 

食べ比べしたい人にも「かにまみれ」の「4大蟹セット」はお勧めですね。若蟹(わかがに)/若上蟹(わかじょうがに)/堅蟹(かたがに)と成長度によってランクがある中、最高ランクの堅蟹が使われています。手頃な値段で最高ランクの堅蟹が食べれる贅沢なセットです。自宅で食べるのも良いですが、大切な人へのギフトに最適ですね!

かに通販