生のカニを猫に与えると危険?

日本ではペットを飼っている方が多く、ご家庭によっては人間が食べているものを与えていらっしゃることがあります。

 

子猫

 

しかし、人間とペットでは体の仕組みに違いがあり、人間が食べて問題なくとも、猫や犬にとっては毒になってしまうような食材もありますので注意が必要です。

 

例えば、生のカニも猫や犬に与えてはいけない食材です。生のカニには、猫がもつ栄養素の一部を破壊してしまう成分が含まれている可能性があるのです。破壊されてしまう可能性がある栄養素というのは、人間の体内にもあるビタミンB1という種類です。

 

このビタミンB1は、動物の体内では代謝機能に係わっている栄養素です。その為、これが不足すると、食欲不振や嘔吐といった症状が出ることがあります。

 

そして、ビタミンB1不足がさらに進行するとどんどんと痩せてしまったり、発育が悪くなったり、さらには神経系障害、困難、最悪の場合は死に至ってしまう可能性もあるのです。

 

実は、ビタミンB1欠乏は猫や犬に多い症状です。彼らはビタミンB1を体内に蓄積できません。だからこそ、この栄養素を破壊する可能性があるカニなどを与えると危険なのです。ちなみに、イカやタコも同じです。

 

また、魚には基本的にビタミンB1は含まれていないので、魚だけを与えるのではなく栄養バランスが考えられたペットフードなどを利用するのがおすすめです。

 

ただしこのビタミンB1を破壊するとされる成分は、熱に弱いという特徴があります。その為、加熱したものは与え過ぎない程度であれば問題ないとされています。実際に、キャットフードにもカニ身やカニエキスを使ったものがありますよ。

かに通販