美味しくて新鮮なズワイガニの見分け方

贅沢を感じられる食材のひとつがズワイガニ。おいしいけれど、高級なので、そんなにしょっちゅうは食べられない食材ですね。それだけに、せっかく食べる機会があれば、美味しいものを選びたいと考える方がきっと多いでしょう。

 

ズワイガニ

 

まず、ズワイガニと他のカニの見分け方です。ズワイの特徴は、足が爪を入れて10本、甲羅に接する足が長いことです。また、甲羅をご覧になってみて下さい。おにぎりのように丸みを帯びた三角形で、体全体の大きさに対して甲羅が小さめです。

 

花咲ガニや毛ガニと比較すると腕は細く、脚身も細長いです。味は甘みがあり、滑らかで、鍋などでカニ本来の味を楽しみたいならズワイがおすすめです。

 

ちなみに、テレビなどで良く見る、殻からするりと脚身を引きぬいてしゃぶしゃぶとしているシーンに使われているのはたいていズワイです。そして、以下は美味しいズワイガニの主な見分け方です。

 

  • 爪が大きい
  • 甲羅にフジツボやカニビル(黒い丸い付着物)がついている
  • 殻が硬い
  • 重たい

 

本ズワイガニの腹

 

これらは、成熟していて身入りが良い可能性が高いです。それから、見分け方で肝心なのが新鮮さです。いくらズッシリ身が詰まっていても、古いものだと充分にその味や風味を堪能できません。

 

鮮度をチェックする時、生の状態で売られているのであれば、まず口や脚が動いているかを見てみましょう。生きていれば新鮮だと言えますね。また、可能であれば、ひっくり返してお腹を見て下さい。お腹がほんのりピンク色をしているものは身が詰まっている可能性が高いです。

かに通販