新鮮でおいしい毛ガニの見分け方

毛ガニ

毛ガニは、タラバガニやズワイガニに比べて身が少なく食べ難いと、あまり好まない人もいらっしゃるのですが、甘みのある身は充分にカニの魅力を堪能できます。おいしい毛ガニの見分け方ですが、やはり食材は新鮮なものを選びたいですね。スーパーなどで選べるなら、爪や口が動いているなど生きている物がおすすめです。

 

そして、全体的な色ツヤを見て選ぶのも美味しい物の見分け方のポイントです。これは野菜でも魚でも言えることですが、鮮度が落ちてくると色に鮮やかさや艶がなくなってきます。茹でられている物でも、甲羅の赤みが鮮やかなものをとりましょう。反対に、全体的に黒っぽくなっているものは避けたいです。可能であればお腹の面の色味も見て選んでみて下さい。

 

毛ガニのカニ味噌

また、毛ガニと言えばやはりカニみそですね。大きさだけではなく、重さを比較すれば身やみそが詰まったものに出会いやすいですよ。さらに、見分け方としては甲羅の硬さも比較ポイントです。

 

カニは脱皮前と脱皮後では身の詰まりや味に違いがでます。味がしっかりしているのはやはり、しっかり成長した状態である脱皮前。殻が硬かったり、付着物がついていたりするのが目印です。

 

美味しいカニに出会いやすいのが12月〜2月の寒い時期ですが、毛ガニの漁は北海道であれば通年行われていますので、この時期のカニでなければいけないということは特にありません

 

ただし、見た目が良く似たものにクリガニと呼ばれる種類がありますので間違えないように注意して下さいね。クリガニとでは、毛ガニの方が美味しいと言われており、価格も異なります。

かに通販