タカアシガニの味や特徴、一般に出回り辛い理由

蟹にも種類があるので、種類によっては味も違っています。蟹の食べ放題ではタラバガニ、ズワイガニ、毛蟹など比較的ポピュラーな蟹が多く属されています。

 

タカアシガニの写真

 

しかし蟹には他にも種類があります。生きた化石とも言われている、タカアシガニは見た目にも特徴がありますね。一般にはあまり出回っていないのでお目にかかることも少ないのですが、水族館にもタカアシガニが展示されている事もあります。

 

もちろん食べる事もできますが、ほかの蟹と比べるととても長い脚をしているのが分かります。長い脚も特徴的ですが、甲羅の部分もかなり大きく食べごたえがあります。ただし蟹の専門店などに行けば、タカアシガニを扱っているところもあるので、どうしてもタカアシガニを食べたい人は探してみましょう。

 

タカアシガニ

 

静岡県の沼津にはタカアシガニを食べられるお店があります。口コミを見た情報ですが、写真を見る限りではタラバガニよりも大きく見えます。甲羅の部分は人の顔ほどの大きさがあるので、地元ではタカアシガニの甲羅を魔除けのお面に使うこともあるそうです。

 

気になるお味の方ですが、大きな体から大味なのでまずそうという意見もあるのですが、以外にも味は濃厚ながらあっさりとしているといいます。全体的にサイズが大きいので長い脚も太さ的には細い方ですが、サイズが大きいのでタカアシガニの脚1本でもかなり食べごたえがあるようですね。

 

冷凍物でも身離れはいいようなので、蟹の足の形を残したままスルっと殻が取れるなど食べやすい蟹だと評価されています。蟹味噌も蟹を食べるときの楽しみの一つですが、蟹の種類や鮮度によっては多少生臭いと感じてしまう事もあります。

 

タカアシガニの蟹味噌は以外にも生臭くなく、クリーミーで濃厚との事なので、そのままたべてもいいのですが、雑炊に入れるとまた違った味わいを楽しめるようです。

 

ただしタカアシガニがほかの蟹と比べてあまり多く出回っていないのには、理由もあるといいます。タカアシガニは時間が経つと独特の苦味が出てきてしまうので、取り置きができないのです。このため他の蟹のようにどこでも扱えるものではないため、限られたところでしか食せないと言います。

 

タカアシガニ専門店に行けば、生簀のタカアシガニをその場で調理してもらえますが、こちらから出向いていかないとなかなかお目にかかれません。ちなみにオスはよりサイズも大きく扱いが難しいので、食すにはメスの方が食べやすく向いていると言われています。

かに通販